ご家族・関係者の皆さまへ

親御さまたちが「入社させてよかった」と感じてもらえるように

日本テレメッセージは1994年に創業し、情報通信業を基盤に飲用水や保険など、「人々が生きて行く中で必要な商品やサービス」を企画提案し、流通させるセールスマーケティング企業として、お客さまや取引先から高い評価をいただき、大きく発展してきました。さらなる企業成長を目指す中で事業戦略は欠かせませんが、何より一番大切なのは人材力です。企業の成長には各社員のビジネススキル、人間的成長が不可欠であり、人材なくして企業の発展はないと認識しています。近年は社員教育に重点をおき、各社員に真摯に向き合い、そして充実した研修プログラムを整備することで、ビジネススキルだけでなく、人間力を成長させる教育環境を充実させています。親御さま、学校関係者の皆さまが「日本テレメッセージに入社させてよかった」と感じてもらえるように、より一層、企業として日々精進していきます。

長期的な人材育成

新入社員の方には入社前にビジネスマナー、業務で必要なスキルの向上を目的とした合宿研修、配属後研修を行い、幅広い知識・技術を習得できます。一人ひとり丁寧に指導するので接客業を未経験の方でも安心して働くことができます。また経験を重ねた後、店長などに昇格した時はそのキャリアに応じた研修も整備しています。講師は社員が担当するのも大きな特徴です。過去に研修を受けた先輩が新しく入社してきた後輩を育て、また次年度に入社してきた後輩を育てていきます。幅広い研修プログラムを用意することで、常に学べる企業環境を整えています。

経験値よりも、社員の可能性

携帯・保険ショップ、法人営業などで経験を重ねれば、次は店舗経営の責任者、エリアマネージャー、新規事業のリーダーなど、幅広いキャリアステップを揃えています。もちろん簡単な仕事ではありませんが、目標を達成した時の達成感や、やりがいは何にもかえがたいです。そして当社は年功序列での評価ではなく、頑張って成果を残した社員をしっかりと評価します。成果を残した社員には経験値が少なくとも、本人が望めば新規事業などの大きなプロジェクトに携わることができます。他社では社歴を重ねないと関われない業務にも、積極的に関われるのは当社の大きな魅力です。

「社員が社員を育てる」伝統

仕事をしていく上で、誰しも悩んだりする時期が来ると思います。そんな時は気軽に先輩社員に相談できる社風があります。先輩社員たちも同じように、悩んだ時は上司などに相談して色んなことを乗り越えてきています。真摯に後輩社員の悩みや、意見を聞き、成長を見守り、一緒に努力し、目標を達成した時には一緒に喜ぶ。「社員が社員を育てる」伝統が当社にはあります。

↑PAGETOP